FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年キャロット出資戦略

まずは現在のステータスから

★2014年出資済み1歳馬
ビートリックスキッド13(社台TC) 牡 父ゴールドアリュール 70万円(総額2800万)
シーキングオアシス13(社台地方オーナーズ) 牝 父ゼンノロブロイ 40万円(総額800万)
アルレシャ13(東京サラブレッド) 牝 父ディープインパクト 10万(総額4000万)

★キャロットクラブにおけるステータス
×なし 延滞歴なし

1次募集応募候補馬
11ラドラーダ(母優先)
13コーレイ
30リッチダンサー
37ヒルダズパッション
38レディドーヴィル
40レーヴディマン
46ディアデラノビア(母優先)
48ブルーメンブラット(母優先)
57ガヴィオラ
62リーチコンセンサス(母優先)
64ダンスザクラシックス
70マギストラ
78スターリッドラブ
79ムービングアクト

さてここからですが、問題は×がなくまた、母馬優先や人気になっている馬も多いので
実際は以下のように分けられます。
☆最優先でないと出資ができないと予想される馬
 ・ラドラーダ(母優先)
 ・リッチダンサー
 ・レディドーヴィル
 ・ディアデラノビア(母優先)
 ・レーヴディマン
 ・ブルーメンブラット(母優先)
 ・ムービングアクト
即ち上記から1頭選んで最優先とし、残りの馬で何頭とれるかといったところでしょうか。

マギストラは宝くじ感覚で一般で応募するのは決定しております。
あとは中間発表をみて最終的に判断したいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。