FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月23日、24日結果

7月23日
函館競馬に出走したマグレヴは13着。

去勢明け、転厩初戦。
馬体重は-12キロとなかなか不利な条件が揃っていました。
スタートでは横一線から出たなりで中段追走。
徐々に置いて行かれます。
3コーナー過ぎから徐々に前に進出、このまま伸びれば初の掲示板もあるかもと思ってみていましたが
伸びず。。。

ジョッキーによると息切れしたとのことですが、集中力を保って走ってくれて収穫はあったとのこと。
残りよく出来て2走というところですが、なんとか僥倖をきたしてくれないものか。

次に24日の中京競馬 障害未勝利に出走したエッケザックスは1着。
好スタートから押していき、先行争いへ。
走っているスピードのまま障害を飛ぶので飛越の度に後続との差が開いていきます。
3つ目の障害でハナを取り切り、そのままスピードを落とさず圧勝でした。

久しぶりの勝利、嬉しいですね。
飛越が低いため、障害の度に冷や冷やしましたが何事もなくてよかったです。
ただ、この飛び方だと、危なっかしいのでもうちっと練習が必要かな?
しっかりと練習して、今後も楽しませてくれればと思います
スポンサーサイト

2日~3日の結果

土曜日に出走したエッケザックスは14着。

うん、雨が降らなくて良馬場になった瞬間に(rya
レースでは全くハミを取らなかったと。
能力の問題ではなく気象に問題を抱えている馬は本当につらいですね。
次は障害競争になりそうです。

次にレッドブリエのデビュー戦ですが8着。

単勝2番人気に推されてましたが、いかにも未出走馬という感じでした。
時計も早かったですね。
直線の伸びには見所がありましたので、次はもっと良いレースを見せてくれるでしょう。
といっても未勝利戦終了まで3ヶ月。
その間に決めれるか?

次にアペルトゥーラですが7着。
ここではさすがに相手が強すぎたか
この馬自身も自分の能力は出しているので相手関係と展開次第。
前に行きたい馬なのにゲートはずっと先入れってのも何とかして欲しい。
安定して力を出せるタイプなので今後も楽しめそうです

7月2日 3日 出走予定

2日
エッケザックス 福島 12R 3歳上500万下

3日
アペルトゥーラ 函館 12R 道新スポーツ杯
レッドブリエ 中京 3R 3歳未勝利

やっとレッドブリエがデビューします。
昨年の秋に本州へ移動して3日で骨折して北海道へ戻っていった馬です。
クラブのコメントでは調教師は結構強気に発言してくれていますが
既走馬相手にどこまでやれるのか?

エッケザックスはダートに戻しての1戦。前走前におねぇになってます(笑)
雨が降って足抜きがよくなれば勝ち負け。良馬場なら1銭もいらず。
その前に止めてしまう気性は何ともならないのだろうか?

アペルトゥーラはこのクラスでは安定していますね。
相手は強そうですが自分のレースができれば期待です。

6月11日、12日の結果

まずは6/11(土)東京・3歳上障害未勝利に出走したエンパイアラインは10着。
休み明けの上、ケガ後ということで調教では障害を飛ぶのに慎重になってしまっている模様。
レースではペースについていけず、さらに障害の度に位置を後退させる。
バテてはないですが、次はあるのかしら?

以下、クラブのコメントです。
「具合は良かったのですが、久々のレースの分ついていけませんでしたね。慎重に飛ぼうとするため、1つ1つの障害で少しずつ遅れてしまい、体力を無駄遣いしてしまってもったいない印象です。最後はしっかりと伸びてるようにバテてるわけではないですし、間隔をあけずに次のレースに向かうのも手だと思います」(原田和真騎手)

次に12日 阪神3歳未勝利に出走したエクディスは11着。

実質のデビュー戦となった1戦でしたが、残念ながら惨敗。
短距離戦は節を空けないと使えないので、また放牧かな?
やはり体が小さいのはハンデですね。

以下クラブのコメントです。

12日の阪神競馬ではまずまずのスタートから道中は好位のインコースを追走。勝負どころから手応えが怪しくなるとそのまま直線でも見せ場なく11着。「ゲートの中ではおとなしく集中してくれていて特に問題ないのですが、いざスタートしてからは促してもなかなかハミを取ってくれませんでした。ただ、ペースもそれほど速くなかったおかげで道中はわりと余裕を持って追走することができていましたし、いい感じだなと思っていたのですが、勝負どころで仕掛けてからモタモタしてしまって…。あのあたりがもう少しスムーズならばもっと上位に来ることができたと思います。いい結果を出せずに申し訳ありません」(小崎騎手)「促して行けばスムーズに流れに乗れますし、脚もうまく溜まっていたのですが、最後は久々の分なのか追っても反応がもうひとつ。止まってもいないけれど、伸びてもくれないという感じになってしまいました。このあたりはまだトモがパンとしきれないことも原因でしょうし、使いつつなのかなという気もしています。この後は、出走状況など見てからどうするか考えます」(吉村師)帰厩してから稽古も動いていましたし、悪くない仕上がり状態で競馬に臨むことができたと思っていましたが、仕掛けてからの反応などを見るとやはり半年という休み明けの影響もあったのかもしれません。ここを叩いて上昇してくれるはずですし、次走はさらなる前進を期待したいものです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討していきます。

鳴尾記念ステファノスは2着、アヴニールマルシェ復帰戦4着

6月4日の阪神競馬11R 鳴尾記念に出走したステファノスは2着でした。

海外遠征明けの宝塚記念への叩き台として選択したレース。
本来は新潟記念へ出走予定だったのが、疲れから延期しての出走でした。

十分な期間を空けただけあって馬体は仕上がっておりました。
特にトモの筋肉の発達がめざましく、まだまだ成長してるんだなと実感。
このあたりはさすが藤原調教師です。

レースではサトノノブレスに一歩届かず2着。
ジョッキーからは休み明けでじりっぽくなったとコメントがありました。
次は宝塚記念。いいレースが期待できそうです。

東京10Rに出走したアヴニールマルシェは4着。
正直このメンバーでは勝って欲しかったのですが、やはりメンタル面の課題が残ります。
今回は去勢明けということで次走注目です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。